Entries

相互リンクの依頼メールの書き方

前回は、相互リンク先の相手は、ページランクが高く、リンク先のテーマが一
貫しているサイトがよいと書きました。

今回は選んだ相手にメールの書き方です。


相手にメールを送るときには、自サイトに相手へのリンクを貼っておき、「コ
コにリンクを貼りました」と相手側に伝えたほうが良いようです、ただし、相
手のサイトの「リンクについて」などの項目をよく読み、相手に不快感を与え
ないよう、また、手数をかけさせないための努力はしましょう。

メールに記載する内容は
相手のサイト名、管理者の名前、相手サイトの感想、自サイトの紹介などで
す。

サイト名を書いてこない方って結構います、複数サイトもっていると何処のこ
とか解らないですからチョッと配慮不足を感じさせますよね。

管理者名や、感想などはサイトを隅々まで見た証拠にもなり相手が受ける印象
も変わってくるでしょう。

感想は、相手にどのくらい相互リンクをしてもらいたいかのバロメーターだと
考えてください。

以前にリンクの依頼への返答で、「スバらしいサイトですね」などと帰ってき
たことがありましたが、タダのアフェリエイトとリンク集だけのサイトでした
ので「こいつ見てないな^_^;」などと思ったこともあります、いえ、そのとき
は相手がリンク張ってくれたのだから感謝してますけどね、これが情熱を注い
だサイトへの依頼文で来たとしたら無視されるかも知れませんね。

メール依頼の場合、無視(返事なし)される場合が多です、めげないことも必
要です、ちなみに、この段階で相互リンクに応じてくれるのは50%以下だと思
います(もっと低いかも)。
これは、まだ自サイトのランクが低い場合や、初めて間もないサイトの場合は
仕方のないことだと割り切ってください。

たまに、「失礼です、削除してください」など落ち込むようなお返事もありま
すが、SEOのこと知らないんだなぁと流して、サッサとリンクを削除してあげ
てください。

※自サイトにリンク依頼文を載せるときにも文面には注意が必要です。

たまに、礼節をわきまえない方などお断り、などの一文もある場合もあります
ので、メールの内容には注意しましょう。

私は高圧的な書き方をしている方には依頼しません・・・こういう人って、下
手に関わるとなに言われるかわかったもんじゃありませんからね。


スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kirarepo.blog93.fc2.com/tb.php/11-1cab191f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最近の記事

ブログ内検索